グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



学部・大学院
ホーム >  学部・大学院 >  研究室紹介 >  教養系 >  健康・スポーツ科学研究室

健康・スポーツ科学研究室


教養系
運動・スポーツを科学的視点でとらえる
本研究室は、「幼少期の運動が肥満を予防・改善できるのか」をテーマにした研究を行っています。また、運動による腸内細菌叢(腸内フローラ)の変化が骨格筋に及ぼす研究も行っています。これらの研究は主にマウスを用いて行い、メカニズム解明に取り組んでいます。さらには、ヒト、特に高齢者を対象に薬局で健康支援プログラムを行っています。加えて、アンチドーピング教育プログラム及びツールの研究開発にも取り組んでいます。

薬局での健康教室の風景

薬局での健康教室の風景

スタッフ紹介

以下の[詳細]をクリックすると、日本大学研究者情報システムにジャンプします。
スタッフ 担当科目
准教授:進藤 大典[詳細
shindo.daisuke[at]nihon-u.ac.jp
  • 1年 健康スポーツ科学概論I
  • 1年 健康スポーツ科学実技I
  • 1年 健康スポーツ科学実技II
  • 2年 スポーツ科学実技III
  • 2年 健康体力論II
  • 卒業研究
助教:小沼 直子[詳細
onuma.naoko[at]nihon-u.ac.jp
  • 1年 健康スポーツ科学実技I
  • 1年 健康スポーツ科学実技II
  • 2年 スポーツ科学実技III
  • 卒業研究
  • 資料請求
  • デジタルパンフ
  • オープンキャンパス・入試イベント