グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



国際交流
ホーム >  国際交流 >  海外客員教授招へい事業(2018年9月) >  薬学部海外客員教員招へい(2017年9月)

薬学部海外客員教員招へい(2017年9月)


2017年9月 薬学部海外客員教員招へい

Dr James F. Brown准教授
英国ポーツマス大学理学部薬学・生物医学科

平成29年9月9日~15日まで日本大学薬学部海外客員教員として英国ポーツマス大学よりJames F. Brown先生が来校されました。
※ 本学部は、平成28年度にポーツマス大学と合意書を締結しております。また、平成28年度・29年度に海外臨床研修をポーツマス大学で実施し、国際交流を開始しております。
さらなる国際交流を目的とし、海外臨床研修のみならず本学部との国際交流推進に御尽力頂いているBrown先生を薬学部海外客員教員として招へいいたしました。薬学部滞在期間中は、両校の国際交流を促進させるための意見交換が行われ、学部生、大学院生、教職員の教育、研究を更に活性化させ、両大学共に協力して継続的な国際交流を行っていくことが確認されました。

Dr James F. Brown准教授

さらに本学部施設を見学され、本学部教員との将来に向けた意見交換も精力的に行っていただきながら、学生には英国の教育制度や薬学部事情、薬剤師の職能についての講義、教職員にはポーツマスの歴史と文化、大学の特徴と重点研究課題についての講演を行っていただきました。

温厚で優しいお人柄のBrown先生は、日本滞在中に日本の文化や風土、生活環境についても積極的に見識を高められ、その上で本学との友好関係を尊重しながら今後も両大学の関係強化のために御尽力いただけることになりました。

  • デジタルパンフ・資料請求
  • オープンキャンパス・入試イベント