グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



学部・大学院
ホーム >  学部・大学院 >  研究室紹介 >  応用薬学系 >  生化学研究室

生化学研究室


応用薬学系
神経変性やがんで起こる細胞内現象の調節に関わる分子の解析
私たちの身体を形成する細胞の中では、遺伝子の転写と翻訳、遺伝子産物の働く場所への輸送などが正確に調節されています。これを遺伝子発現と言い、正常に行われないと病気になります。本研究室は、アルツハイマー病(AD)を引き起こすタンパク質の異常発現のメカニズムや、がんの増悪に関わる遺伝子の機能を解明し、それを治療するための標的となる分子の設定を目指しています。

神経刺激に応じたADに関わる異常タンパク質の出現

神経刺激に応じたADに関わる異常タンパク質の出現

スタッフ紹介

以下の[詳細]をクリックすると、日本大学研究者情報システムにジャンプします。
スタッフ 担当科目
教授:小林 俊亮[詳細
kobayashi.shunsuke[at]nihon-u.ac.jp
  • 2年 生化学
  • 2年 生物系薬学実習I
  • 2年 生理活性分子とシグナル伝達
  • 2年 特別講義II
  • 2年 分子生物学
  • 4年 分野別統合講義I
  • 6年 バイオ・先端医療(特色I)
  • 6年 総合講義
  • 卒業研究
専任講師:大橋 祥世[詳細
ohashi.sachiyo[at]nihon-u.ac.jp
  • 2年 生化学
  • 2年 生物系薬学実習I
  • 4年 分野別統合講義I
  • 6年 総合講義
  • 卒業研究
専任講師:田中 融[詳細
tanaka.toru[at]nihon-u.ac.jp
  • 1年 基礎生物化学
  • 2年 生化学
  • 2年 生物系薬学実習I
  • 卒業研究
  • 資料請求
  • デジタルパンフ
  • オープンキャンパス・入試イベント