グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



学部・大学院
ホーム >  学部・大学院 >  研究室紹介 >  応用薬学系 >  健康衛生学研究室

健康衛生学研究室


応用薬学系
体内時計から肥満のメカニズムを探る
私たちは、メタボリックシンドロームの原因である肥満のメカニズムを体内時計の点から研究しています。その結果、体内時計を調節するBMAL1というタンパク質が肥満や糖尿病に関係することを明らかにしました。この研究を通して「不規則な生活により病気になるのはなぜなのか」「何時、薬を飲めば最も効き目が強く、そして副作用が弱いのか」などの疑問に対して答えていきたいと思います。

肝臓における中性脂肪量(図中:赤)

スタッフ紹介

以下の[詳細]をクリックすると、日本大学研究者情報システムにジャンプします。
何も表示されない場合は、一度「日本大学研究者情報システム(こちらをクリック)」にアクセスしてから、再度[詳細]をクリックしてください。
スタッフ 担当科目
教授:榛葉 繁紀[詳細] 
shimba.shigeki[at]nihon-u.ac.jp
  • 1年 自主創造の基礎1
  • 1年 自主創造の基礎2
  • 1年 特色教育入門I(特色I~III)
  • 2年 健康科学概論(特色II)
  • 2年 特色教育入門II(特色I~III)
  • 3年 衛生薬学実習
  • 3年 地域と薬剤師(特色II)
  • 3年 免疫
  • 4年 健康・環境衛生学
  • 4年 高齢者医療概論(特色I~III)
  • 4年 分野別演習講義II
  • 4年 分野別統合講義II
  • 6年 生活習慣病と保健薬学(特色II)
  • 6年 総合講義
  • 卒業研究
准教授:和田 平[詳細
wada.taira[at]nihon-u.ac.jp
    平成26年度以前の入学生
  • 4年 英語V
    平成27年度以後の入学生
  • 1年 自主創造の基礎1
  • 1年 自主創造の基礎2
  • 2年 生理活性分子とシグナル伝達
  • 2年 特別講義II
  • 3年 衛生薬学実習
  • 3年 免疫
  • 4年 英語V
  • 4年 分野別演習講義II
  • 6年 生活習慣病と保健薬学(特色II)
  • 6年 総合講義
  • 卒業研究

  • 資料請求
  • デジタルパンフ
  • オープンキャンパス・入試イベント