グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



学部・大学院
ホーム >  学部・大学院 >  研究室紹介 >  応用薬学系 >  環境衛生学研究室

環境衛生学研究室


応用薬学系
環境化学要因による疾病の発病機序
環境化学物質の曝露は、がんや炎症疾患など様々な疾病を引き起こします。私たちは、特に、ヒ素を始めとした酸化ストレスに起因する非遺伝毒性発がん機構と、アポトーシスやオートファジーなど生体の恒常性を保つ機構の阻害や抑制との関連について注目し、研究を行っています。研究は、培養細胞による毒性評価やタンパク質の挙動解析、代謝物の形態別分析等、幅広い方法で行っています。

培養細胞を用いた研究の概要

培養細胞を用いた研究の概要

スタッフ紹介

以下の[詳細]をクリックすると、日本大学研究者情報システムにジャンプします。
何も表示されない場合は、一度「日本大学研究者情報システム(こちらをクリック)」にアクセスしてから、再度[詳細]をクリックしてください。
スタッフ 担当科目
教授:加藤 孝一[詳細
kato.koichi[at]nihon-u.ac.jp
    平成26年度以前の入学生
  • 4年 衛生系薬学・実践系薬学演習講義
  • 4年 特別講義Ⅳ
    平成27年度以後の入学生
  • 1年 自主創造の基礎1
  • 1年 自主創造の基礎2
  • 1年 早期臨床体験
  • 2年 健康科学概論(特色II)
  • 2年 食品安全学
  • 3年 衛生薬学実習
  • 3年 地域と薬剤師(特色II)
  • 4年 健康・環境衛生学
  • 4年 健康リスク評価概論(特色II)
  • 4年 分野別演習講義II
  • 4年 分野別統合講義II
  • 6年 総合講義
  • 卒業研究
教授:戸塚 ゆ加里[詳細]
totsuka.yukari[at]nihon-u.ac.jp
  • 1年 自主創造の基礎1
  • 1年 自主創造の基礎2
  • 3年 衛生薬学実習
  • 3年 環境毒性学
  • 4年 健康・環境衛生学
  • 4年 健康リスク評価概論(特色II)
  • 4年 分野別演習講義II
  • 4年 分野別統合講義II
  • 卒業研究
  • 助教:下田 康代[詳細
    shimoda.yasuyo[at]nihon-u.ac.jp
  • 1年 自主創造の基礎1
  • 1年 自主創造の基礎2
  • 3年 衛生薬学実習
  • 卒業研究

    • 資料請求
    • デジタルパンフ
    • オープンキャンパス・入試イベント