グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



学部・大学院
ホーム >  学部・大学院 >  研究室紹介 >  応用薬学系 >  分子標的治療学研究室

分子標的治療学研究室


応用薬学系
がん細胞特有の性質をターゲットにした治療法の開発
高齢社会を迎えた日本では、2人に1人はがんに罹ると言われています。長期にわたり環境中の様々な因子に暴露され、正常細胞の遺伝子が傷ついた結果、がんは発生します。そのため、がん細胞と正常細胞は非常に似た性質を持っていますが、わずかに異なる部分もあります。私たちは、がん細胞特有の性質を理解し、その特性を狙い撃ちした治療法、すなわち分子標的療法を見つけることを目指します。

がん治療薬候補のモデル図

がん治療薬候補のモデル図

スタッフ紹介

以下の[詳細]をクリックすると、日本大学研究者情報システムにジャンプします。
何も表示されない場合は、一度「日本大学研究者情報システム(こちらをクリック)」にアクセスしてから、再度[詳細]をクリックしてください。
スタッフ 担当科目
准教授:片山 和浩[詳細
katayama.kazuhiro[at]nihon-u.ac.jp
  • 1年 自主創造の基礎1
  • 1年 自主創造の基礎2
  • 2年 生物系薬学実習I
  • 2年 生理活性分子とシグナル伝達
  • 3年 免疫
  • 4年 EBMと薬物治療
  • 4年 感染症と悪性腫瘍
  • 6年 バイオ・先端医療(特色I)
  • 6年 総合講義
  • 卒業研究
    • 資料請求
    • デジタルパンフ
    • オープンキャンパス・入試イベント