グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



学部・大学院
ホーム >  学部・大学院 >  研究室紹介 >  応用薬学系 >  薬剤学研究室

薬剤学研究室


応用薬学系
脳/中枢へ薬物を効率的に送達する経鼻投与製剤の開発
私たちの最終目標は血液脳関門により薬の侵入が制限される脳/中枢に薬を効率的に送達する経鼻投与製剤の開発です。この達成には血液脳関門を回避する鼻から脳への薬物輸送Nose-to-Brainの理解と革新的な脳標的型鼻腔内滞留技術の開発という重要課題を克服しなければなりません。私たちは最小限の副作用と最大限の効果で脳/中枢疾患を治療できる理想的な経鼻投与製剤の開発を目指します。

3D鼻腔モデルを用いた鼻腔内滞留性の評価

3D鼻腔モデルを用いた鼻腔内滞留性の評価

スタッフ紹介

以下の[詳細]をクリックすると、日本大学研究者情報システムにジャンプします。
何も表示されない場合は、一度「日本大学研究者情報システム(こちらをクリック)」にアクセスしてから、再度[詳細]をクリックしてください。
スタッフ 担当科目
教授:鈴木 豊史[詳細
suzuki.toyofumi[at]nihon-u.ac.jp
    平成26年度以前の入学生
  • 6年 医療系薬学演習講義II
    平成27年度以後の入学生
  • 1年 自主創造の基礎1
  • 1年 自主創造の基礎2
  • 1年 特色教育入門I(特色I~III)
  • 3年 生物薬剤学
  • 3年 製剤学
  • 4年 分野別演習講義III
  • 4年 分野別統合講義III
  • 4年 薬物動態学・製剤学実習
  • 6年 応用薬剤学(特色I)
  • 6年 総合講義
  • 卒業研究
助教:鈴木 直人[詳細
suzuki.naoto65[at]nihon-u.ac.jp
  • 1年 自主創造の基礎1
  • 1年 自主創造の基礎2
  • 1年 早期臨床体験
  • 4年 薬物動態学・製剤学実習
  • 卒業研究

    • 資料請求
    • デジタルパンフ
    • オープンキャンパス・入試イベント