グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



就職・資格
ホーム >  就職・資格 >  薬剤師国家試験の合格率

薬剤師国家試験の合格率


薬学実務実習を行い、所定の単位を修得し卒業することで、2月下旬に行われる薬剤師国家試験の受験資格が得られます。薬剤師になるためにはこの試験に合格することが必須条件です。薬剤師国家試験は、社会の薬剤師に対するニーズを反映して年々試験内容は変化していきます。6年制の試験では問題が345問となり、チーム医療の重要性から医療薬学問題が増えています。また、2015年9月には合格基準の改正がありました。日本大学薬学部では薬学教育研究室と薬剤師国家試験対策委員会が中心となって、問題の傾向や受験生の苦手分野を分析しながら試験対策を行っています。

薬剤師国家試験の問題数

必須問題 薬学理論問題 薬学実践問題
(複合問題)
合計
物理・化学・生物 15問 30問 15問 60問
衛生 10問 20問 10問 40問
薬理 15問 15問 10問 40問
薬剤 15問 15問 10問 40問
病態・薬物治療 15問 15問 10問 40問
法規・制度・倫理 10問 10問 10問 30問
実務 10問 -- 20問
複合問題
65問
95問
出題数計 90問 105問 150問 345問

第102回 薬剤師国家試験の合格状況

受験者 合格 合格率 全国平均合格率 私大平均合格率
新卒者(内標準修業年限内) 197名 (174名) 163名 (149名) 82.74%(85.63%) 85.06% 84.33%
既卒者 100名 73名 73.00% 50.83% 50.72%
総数※ 301名 237名 78.74% 71.58% 70.64%
※総数については新卒者・既卒者の他に4年制卒業者4名を含む
  • デジタルパンフ・資料請求
  • オープンキャンパス・入試イベント