グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



就職・資格
ホーム >  就職・資格 >  就職支援行事・講座案内

就職支援行事・講座案内


本学部では、大学本部と連携しながら、薬学部の特性を考慮しながら学部独自の就職指導体制も整えています。
就職活動の基礎を学ぶもの、業界の動向を知るためのもの、語学スキルを磨くものなど、年間を通してさまざまな就職指導行事(1年生から参加できる行事もあります)を行っており、個々のニーズに応じて選択・参加することができます。

就職ガイダンス

対象 学部6年生、大学院生
実施時期 4月・教務ガイダンス終了後
6年生を対象に、就職活動の注意点や内定後の手続き・提出書類等について説明します。
具体的には、就職活動中の「欠席届」の取扱い、「就職活動報告書・卒業後の進路届」の提出依頼に加え、採用内定後の「承諾書(制約書)」、「重複内定と内定辞退」の対応について過去の事例を参考に詳しく解説します。
また、4月以降に選考が行われる大学病院((独)国立病院機構を含む。)、公務員採用試験(国家公務員・地方公務員)などの募集情報、試験日程等についても説明しています。

就職ガイダンス


各種就職講座

対象 学部3年~5年生(1年、2年生も参加可)、大学院生
実施時期 4月~7月、12月(講演会は随時)
3~5年生を対象に主な薬学部学生の就職動向や各種業界や職種について解説する講座を実施するとともに、1年をとおし時節に沿う形で、自己分析の方法、履歴書・エントリーシートの書き方、SPI模擬試験などをテーマにした講座も併せて実施しています。
また、各種業界の人事担当者や本学部卒業生を招き、講演会やパネルディスカッションも開催しています。
これらの就職講座等には、就職活動の心構えを早い段階から醸成させることを目的に、1、2年生の参加も奨励しています。

人事担当者によるパネルデスカッション

人事担当者によるパネルデスカッション


インターンシップ

対象 3~5年生(一部行政機関は1、2年生も参加可)
実施時期 6月~12月
3~5年次を対象にインターンシップガイダンスを開催し、企業や官庁などのインターンシップへの積極的参加を促しています。企業や官庁が実施するインターンシップ情報は、掲示板やメール等により公開しています。
また、本学部独自でも夏期休暇期間中に3年・4年・5年生を対象とした日大薬学部に限定したインターンシッププログラム実施してくれる協力企業等を照会し、受入れ企業及び日程・内容等を学生に開示し、参加希望学生を推薦しています。

インターンシップガイダンス


企業セミナー

対象 3~5年生、大学院生
実施時期 11月
官公庁、製薬、治験、薬品卸、物流、食品、化学、病院、薬局等の人事担当者から仕事内容や事業内容について個々のブースで説明を受けることができます。
人事担当者には、本学部卒業生も多いことから、個別質問もしやすく、生の情報・雰囲気を感じとれることはもちろん、様々な企業等に出会える場となっています。

企業セミナー

企業セミナー


公務員講座(日大学就職支援センター主催)

日本大学では、公務員を目指す学生を対象に次の一覧のとおり公務員試験対策講座を開講しています。公務員は、薬剤師のスキルを活かせる職域でもありますのでぜひ受講してみてください。この他にも論文・面接・自己分析対策講座も開講されます。各講座の詳細、申込み方法等については、薬学部ポータルサイト、薬学部Info Bookで確認してください。

令和3年度 大学本部主催公務員講座一覧

講座名 対象学年 受講料 コマ数 実施方法 開講期間
教材費
公務員試験入門講座
公務員試験の学習初頭者を対象に、数的処理の基礎、文章の書き方の基本を学び、次年度につながる国家一般職・都庁等地方上級試験(行政職)完成講座へ繋がる基礎知識を身に付けることを目的とする。
1~3年生 3,000円 42コマ Web動画(オンデマンド)受講
※一部ライブ受講
令和3年10月

令和4年 3月
3,000円
公務員試験行政職完成講座
国家公務員採用一般職・都庁等地方上級職試験合格を目標に徹底した問題演習と丁寧な解説及び論文・面接対策で最終合格を目指す。
薬学部は
5年生
20,000円 436コマ 令和3年6月

令和4年3月
47,000円
公務員試験教養科目実践講座
国家公務員採用一般職・都庁等地方上級職試験に共通する教養科目試験の合格レベルの修得を目指す。
10,000円 180コマ
20,000円
  • 対象学年は目安であり、他の学年でも受講できます。

各種対策模試(SPI形式適性検査・一般常識等)・TOEIC/IPテスト

対象 全学年
大学院生
実施時期
  • テストセンター対策模試・一般常識模試・公務員模試 5月、10月、1月
  • TOEIC/IPテスト 5月、1月

テストセンター対策模試(SPI形式)

SPI適性検査は、多くの企業が選考の初期段階で入社試験に導入しており、一般企業を志望する学生にとっては、もはや避けて通ることが難しい試験といわれています。本試験は、SPI3のテストセンター形式で実施される、「基礎能力(言語能力と非言語能力)」と「構造的把握力」の模擬試験です。制限時間内に問題回答をする本物のテストに近い形式のため、本番の試験を受ける前に疑似体験をして慣れることができます。(オンライン形式で、自宅で受験ができます)

一般常識模擬試験

一般常識試験は、SPI適性検査と同様に入社試験に導入する企業も多く、主に、一定の常識や知識を持っているかを審査するために実施されます。社会的な問題に関心があるか、普段からニュースに対して意見を持っているかなどが如実に表れるテストです。出題内容が幅広く、政治、歴史、地理、計算、漢字、熟語、雑学、時事問題、ビジネスマナーの中からランダム出題されるため、自分の得意分野と不得意分野が明確になります。(オンライン形式で、自宅で受験ができます)

公務員模擬試験

公務員職を目指す学生は、1度は受験することをおすすめします。 本試験で緊張して本来の力を発揮できず、また、時間配分に失敗して問題を全て解けなかったという例が多くあります。(郵送形式で、自宅で受験ができます)

TOEIC/IPテスト

企業のグローバル展開が進むなかで、外資系企業だけでなく日系企業も採用時に英語力を重視するようになってきました。スキルを高め就職活動にのぞむことをおすすめします。(オンライン形式で、自宅で受験ができます)
※上記試験の成績優秀者には薬学部校友会から報奨品が授与されます。
  • 資料請求
  • デジタルパンフ
  • オープンキャンパス・入試イベント