グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



教育・研究
ホーム >  教育・研究 >  医療薬学研究室 野伏康仁専任講師らの研究成果を『ファーマラボEXPO』に出展いたしました。

医療薬学研究室 野伏康仁専任講師らの研究成果を『ファーマラボEXPO』に出展いたしました。


7月5日(水)〜7日(金)まで東京ビッグサイトにおいて開催された第5回ファーマラボEXPO・アカデミックフォーラム - [医薬品] 研究・開発展 - に医療薬学研究室 野伏康仁専任講師が出展し、「非天然型フラバノンによるベージュ脂肪細胞の誘導作用」に関する研究成果の講演も行いました。
本年度の展示会では企業850社、大学・研究29機関が出展し、来場者は3日間で約27,000名以上に上りました。本大学ブースでは、主に食品メーカー、化粧品メーカー、再生医療メーカーの方々に関心を持っていただき、活発な意見交換が行われました。
なお、本発表は、薬学部内共同研究により創出された以下の発明に基づいたものであり、本大学の研究シーズを社会に発信する貴重な機会となりました。
発明の名称: 肥満を治療又は予防するための医薬組成物
出 願 番 号 : 特願2023-094357
出 願 日: 2023年6月7日
出 願 人: 学校法人日本大学
発 明 者: 三浦 基文、和田 平、野伏 康仁
※ 本発表及び本発明についてのお問い合わせは、下記までお願いいたします。

 日本大学産官学連携知財センター
 TEL:03-5275-8139
 E-Mail:nubic@nihon-u.ac.jp


  • 資料請求
  • デジタルパンフ
  • オープンキャンパス・入試イベント