グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



国際交流
ホーム >  国際交流 >  令和5年度海外臨床研修プログラム

令和5年度海外臨床研修プログラム


※画像はクリックで拡大表示します
2023年8月12日から8月26日の約2週間の日程で、英国ポーツマス大学(University of Portsmouth)にて第8回海外臨床研修を実施しました。海外臨床研修は、暫くの間新型コロナウイルス感染症の流行に伴い中止となっていましたが、4年ぶりに実施される運びとなりました。
本年度は、3年生から5年生までの15名の学生が参加しました。英国の臨床実習と薬学教育を学ぶ研修プログラムに加え、コミュニティ薬局や地域の中核病院といった実際の医療現場での薬剤師の役割や活動の一端に触れることが出来ました。さらに、非接触分注技術などを独自に開発しているベンチャー企業のSCIENIONの見学や、今年度よりポーツマス大学で教鞭をとられている関戸先生から、研究内容及びこれまでのキャリアについてお話を伺うことができました。




ポーツマス大学内の講義では、英国における薬学教育や薬剤師業務について学びました。英国では、薬剤師に一定の処方権や患者に触れる医療行為が認められていることを知り、学生達は驚きを隠せない様子でした。臨床実習では、小型端末を使用し遠隔から心拍、血圧、呼吸などの操作が可能な患者シミュレータを用いた実習、フィジカルアセスメントの方法、耳の疾患における薬局薬剤師の業務体験を行いました。また、個別化医療を考えるために個人個人での化合物に対する苦味の感じ方の違いを利用したテイスティング実習を含めて多くの学びを得ることができました。




コミュニティ薬局と病院を見学する機会もありました。病院見学のため訪れたQueen Alexandra病院では、平成30年度のポーツマス大学学生受入れプログラムに参加していたJemmaさんが働いており、病院薬剤師としての業務や役割を紹介してくれました。コミュニティ薬局は英国の大手チェーンであるBootsに訪問しました。日本では医師の処方箋がないと購入できない医薬品が薬局で多数販売されていることに加え、医師・薬剤師・看護師・歯科医師からの処方箋の色が異なる点などを知ることが出来ました。




週末はポーツマスやロンドン観光などで英国の歴史や文化に触れることができました。ポーツマス市長に面会し、Guildhallの見学や市長との記念撮影の機会もありました。また、英国でご活躍されている関戸先生のこれまでのキャリアや研究内容についてのお話に加え、SCIENIONにて対応してくれたMadeleine Cleal博士の女性のキャリア形成についてのお話は、学生にとって非常に良い刺激となった様子でした。




参加学生の今後の活躍がいまから待ち遠しいです。

  • 資料請求
  • デジタルパンフ
  • オープンキャンパス・入試イベント