グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



学部概要
ホーム >  学部概要 >  理念

理念



日本大学教育憲章

日本大学は、本学の「目的及び使命」を理解し、本学の教育理念である「自主創造」を構成する「自ら学ぶ」、「自ら考える」及び「自ら道をひらく」能力を身につけ、「日本大学マインド」を有する者を育成する。

日本大学マインド

  • 日本の特質を理解し伝える力
 日本文化に基づく日本人の気質、感性及び価値観を身につけ、その特質を自ら発信することができる。
  • 多様な価値を受容し、自己の立場・役割を認識する力
 異文化及び異分野の多様な価値を受容し、地域社会、日本及び世界の中での自己の立ち位置や役割を認識し、説明することができる。
  • 社会に貢献する姿勢
 社会に貢献する姿勢を持ち続けることができる。

「自主創造」の3つの構成要素及びその能力

< 自ら学ぶ >
・ 豊かな知識・教養に基づく高い倫理観
 豊かな知識・教養を基に倫理観を高めることができる。
・ 世界の現状を理解し、説明する力
 世界情勢を理解し、国際社会が直面している問題を説明することができる。

< 自ら考える >
・ 論理的・批判的思考力
 得られる情報を基に論理的な思考、批判的な思考をすることができる。
・ 問題発見・解決力
 事象を注意深く観察して問題を発見し、解決策を提案することができる。

< 自ら道をひらく >
・ 挑戦力
 あきらめない気持ちで新しいことに果敢に挑戦することができる。
・ コミュニケーション力
 他者の意見を聴いて理解し、自分の考えを伝えることができる。
・ リーダーシップ・協働力
 集団のなかで連携しながら、協働者の力を引き出し、その活躍を支援することができる。
・ 省察力
 謙虚に自己を見つめ、振り返りを通じて自己を高めることができる。

日本大学薬学部の理念及び目的

「人類の保健、医療及び福祉に貢献する新しい薬学を創造する」
という理念に基づいて、高度医療社会のニーズに応える医療薬学に重点を置いた特色のある教育・研究を推進し、医療人としての倫理観と高い専門性を備え、人の健康と医療の向上に貢献できる自主創造の気風を身に付けた薬剤師を養成する。
(薬学科)
薬学教育6年制の課程において、医薬品の安全かつ有効な活用、創薬科学、健康と環境に関する教育・研究を実践し、確かな薬学の基礎を身に付け、独創性と応用力並びに医療人としての心を育て、医療の担い手としての実践力を備えた薬剤師を養成する。

ディプロマ・ポリシー

日本大学薬学部は、日本大学教育憲章に基づき、日本大学の目的及び使命を理解し、薬学部の教育研究上の目的のもとに設定した以下の能力を身に付け、所定の年限在学し、所定の授業科目及び単位を修得した学生の卒業を認定し、学士(薬学)の学位を授与する。
  • 豊かな知識・教養に基づいた高い倫理観を有し、医療人として社会に貢献できる。(DP1)
  • 日本を含む世界の情勢や直面している問題を理解し、その多様性及び自身の考えを説明す
  • ることができる。(DP2)
  • 豊かな知識と教養を基に、薬剤師として論理的な思考、批判的な思考をすることができる。(DP3)
  • 事象を注意深く観察して問題を発見し、薬学に関する豊かな専門知識を基に解決策を提案することができる。(DP4)
  • 探究心を持ち、あきらめない気持ちで医療の発展のために新しいことに対し、果敢に挑戦することができる。(DP5)
  • 他者の意見を聴き、自分の考えを伝え、互いの価値観を理解・尊重することができる。(DP6)
  • 集団において、リーダーシップを発揮し、他者と協働してその力を引き出し、活躍を支援することができる。(DP7)
  • 謙虚に自己を見つめ、振り返りを通じて自己を高めることができる。(DP8)

カリキュラム・ポリシー

日本大学薬学部では、日本大学教育憲章を基にした卒業認定に関する方針(ディプロマ・ポリシー)に沿って教育課程を編成し実施する。
卒業の認定に関する方針として示された8つの能力を養成するために、総合教育科目、薬学教育科目、特色教育科目等の授業科目を各能力に即して体系化するとともに、講義・演習・実験・実習等の授業形態を組み入れた多様な学修方法による教育課程を編成し実施する。
また、学修成果は、専門的な知識・技能及び態度を修得する授業科目に関しては授業形態や授業手法に即した多元的な評価方法及び評価基準を各授業科目のシラバスに明示し、学修到達目標の達成度を評価する。日本大学マインド及び自主創造の8つの能力に関しては、卒業の達成を図るための授業科目の修得状況や到達度と学生自身による振り返り等をもとに段階的かつ総合的に評価する。

  • 早期臨床実習及び実務実習での学修を基盤とし、6年間を通して医療人としての高い知識・教養に基づいた倫理観及びその力を倫理的な課題に適切に適用する能力を育成する。(CP1)
  • 総合教育科目及び外国語科目の学修を基盤とし、世界情勢を理解する能力や自身の考え方を説明する能力を育成する。(CP2)
  • 総合教育科目及び薬学教育科目の学修を基盤とし、薬学教育モデル・コアカリキュラムに準じて得られた知識を基に、論理的・批判的な思考により、課題に対し、見解を示す能力を育成する。(CP3)
  • 実験・実習科目及び卒業研究の学修を基盤とし、問題を発見して解決策を提案し、他者と協働して問題を解決する能力を育成する。(CP4)
  • 薬学教育科目の学修を基盤とし、特色教育科目で先端の理論・技能にふれ、探究心及び挑戦力を育成する。(CP5)
  • 日本大学全学共通初年次教育科目及び薬学教育科目の学修を基盤としてコミュニケーション力及び他者を理解し信頼関係を確立する能力を育成する。(CP6)
  • 実務実習及び卒業研究を基盤とし、他者と協働する能力及び指導者として協働者の力を引き出し、その活躍を支援する能力を育成する。(CP7)
  • 実務実習及び卒業研究を基盤とし、自己の学びを振り返り、今後の学修に活かす能力を育成する。(CP8)

アドミッション・ポリシー

  1. 日本大学の教育理念である「自主創造」の精神に共感できる人。
  2. 薬剤師となって人々の健康増進に貢献したいという意欲を持つ人。
  3. 異文化、異分野の多様な価値を受容し理解に努める人。
  4. 他の人の痛みや苦しみに共感できる人。
  5. 自ら学ぶ学習意欲と知的探究心を持っている人。
  6. 薬学の専門領域の学習に必要な基礎学力が身についている人。
  7. 他の人と意見交換を行うことができ、協調して行動することができる人。
  8. 社会に広い関心を持ち、自ら選んだ場で活躍する意欲がある人。

日本大学大学院薬学研究科の理念及び目的

教育研究上の目的

ライフサイエンスを中心とした基礎科学の発展に伴って疾病の解明が進み、医療における診断、治療技術も著しく高度化している。また、老齢人口の増加など社会構造の変化により、医療に貢献できる薬学が一層求められている。このような多岐に亘る社会的要請に応え、薬学分野における高度な専門知識と技術を涵養し、独創的な研究活動を通じて国際的な競争力及び自立して研究を遂行し発展させる能力を修得させ、将来、医療分野で指導的役割を果たす質の高い薬学研究者・薬剤師を養成することを目的とする。
(薬学専攻/博士課程)
医療に関連した臨床的な課題を対象とする研究領域を中心とした広範な専門的知識と技術を涵養し、自ら研究課題を解決できる研究能力及び高度な医療を担うための能力を修得させ、将来、指導的立場で活躍し、社会に貢献できる人材を養成する。

(博士課程)平成24年度設置

医療に関連した臨床的な課題を対象とする研究領域を中心とした広範な専門的知識と技術を涵養し、自ら研究課題を解決できる研究能力及び高度な医療を担うための能力を修得させ、将来、指導的立場で活躍し、社会に貢献できる人材を養成する。

(博士後期課程)平成24年度から募集停止

薬学分野における高度な専門知識と技術を授け、独創的な研究活動を通して国際的な競争力、自立して研究を遂行し発展させる能力を修得させ、将来、指導的役割を果たす質の高い研究者を養成する。

ディプロマ・ポリシー

以下に掲げる能力を身に付け、修了に必要な所定の単位を修得し、研究指導を受け博士論文を提出し、学位授与するに相応しいと判定された者に博士(薬学)の学位を授与する。
  1. 自ら課題を見つける着想力、発見する力を修得している。
  2. 課題について考え抜く持久力を修得している。
  3. 課題を解決してゆく思考力を修得している。
  4. 結果を社会に公表する表現力を修得している。
  5. 高い倫理観及び自己研鑽能力を持ち、他者の指導ができる。

カリキュラム・ポリシー

ディプロマ・ポリシーを実現するため以下に掲げるカリキュラム・ポリシーに則り、自立した研究者となるための知識、態度、技能を身に付ける。
  1. 基礎薬学、応用薬学及び臨床薬学の知識を広く修得する。
  2. 所属研究室において、指導教員の下、独創的で質の高い研究課題を立案し、遂行する。
  3. 研究を遂行する過程において、研究指導能力、研究における倫理感を養う。
  4. 研究発表の場において、プレゼンテーション及びディスカッション能力を養う。
  5. 研究成果を英文でまとめ、国際誌に発表する。

アドミッション・ポリシー

ライフサイエンスを中心とした基礎科学の発展に伴って、疾病の病態解明が進み、医療における診断技術が高度化し、多くの新規治療薬が開発されている。また、老齢人口の増加など社会構造の変化により、医療に貢献できる薬学が一層求められている。
このような社会的要請に対し、自ら学び、考え、道を開こうとする意欲、基礎学力及びコミュニケーション能力を持つ人を求める。
そのために、口述試験、筆記試験及び面接試験を課し、総合的に判断する。
  • 資料請求
  • デジタルパンフ
  • オープンキャンパス・入試イベント