グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



学部・大学院
ホーム >  学部・大学院 >  研究室紹介 >  基礎薬学系 >  生薬学研究室

生薬学研究室


基礎薬学系
伝統薬の科学的解明と創薬を目指して
生薬は、漢方薬や民間薬に古くから利用されています。生薬中の成分とその誘導体も治療薬として使用されており、新薬を探すために重要な素材でもあります。しかし、なぜその生薬が不明なものが数多く存在するのも事実で、私たちは、生薬と漢方薬の有効性を化学的に研究しています。また、微生物の代謝産物を加えて広く天然物よりがん等の難治性疾患、生活習慣病に有効な物質を探しています。

漢方薬は動植物等を加工した生薬から作られる

漢方薬は動植物等を加工した生薬から作られる

スタッフ紹介

以下の[詳細]をクリックすると、日本大学研究者情報システムにジャンプします。
何も表示されない場合は、一度「日本大学研究者情報システム(こちらをクリック)」にアクセスしてから、再度[詳細]をクリックしてください。
スタッフ 担当科目
教授:松崎 桂一[詳細
matsuzaki.keiichi[at]nihon-u.ac.jp
    平成26年度以前の入学生
  • 1年 薬用植物学
  • 4年 英語V
  • 4年 創薬化学系演習講義
  • 5年 特別講義V
    平成27年度以後の入学生
  • 1年 自主創造の基礎1
  • 1年 自主創造の基礎2
  • 1年 特色教育入門I(特色I~III)
  • 1年 薬用植物学
  • 2年 生薬学
  • 2年 創薬化学系実習I
  • 3年 地域と薬剤師(特色II)
  • 3年 天然医薬品化学
  • 4年 英語V
  • 4年 分野別演習講義I
  • 4年 分野別統合講義I
  • 5年 基礎薬学総合演習講義
  • 6年 漢方医学(特色II)
  • 6年 総合講義
  • 卒業研究
助教:矢作 忠弘[詳細
yahagi.tadahiro[at]nihon-u.ac.jp
  • 1年 基礎化学
  • 1年 自主創造の基礎1
  • 1年 自主創造の基礎2
  • 2年 創薬化学系実習I
  • 卒業研究

    • 資料請求
    • デジタルパンフ
    • オープンキャンパス・入試イベント