グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



生涯教育
ホーム >  生涯教育 >  最近のトピック

最近のトピック



第189回|免疫疾患における薬剤師の現在と今後の役割 ~関節リウマチを中心に~

実施日 令和4年6月29日(水) 19時30分~21時00分
講師 亀田クリニック 薬剤室 亀田ファミリークリニック薬剤室
平田 一耕 先生
免疫疾患は症状が患者の生活の質に直結し、治癒ではなく疾患をコントロールすることが治療の目標とされてきました。近年では生物学的製剤や低分子免疫抑制薬であるヤヌスキナーゼ阻害薬の登場により、免疫疾患の薬物治療が大きく変化し、疾患活動性の改善が認められてきています。一方で作用機序の異なる薬剤が数多く上市されたことにより、臨床における薬物治療は非常に複雑になってきています。免疫疾患でこれらの治療薬が使用されるのは、膠原病では関節リウマチ、脊椎関節炎、乾癬性関節炎、ベーチェット病、全身性エリテマトーデス、消化器内科では炎症性腸疾患である潰瘍性大腸炎、クローン病、皮膚科ではアトピー性皮膚炎、乾癬などが主な疾患となります。薬物治療は疾患によりオーバーラップするところもあれば、特定の薬剤の使用により増悪・発症する免疫疾患もあります。よって薬物治療における薬剤師の役割が重要であり、疾患が複数の診療科にまたがる場合や、薬物治療に難渋する患者における薬剤師の役割はより大きくなっています。
本講演では主に関節リウマチを中心として、免疫疾患における薬剤師の過去から現在までの役割を概説します。また演者の自験例を紹介しながら、薬学的視点からの疾患の理解、病態生理から薬理作用を考慮した薬剤選択、ヨーロッパリウマチ学会で2013年よりリコメンデーションされている共同意思決定の実際についてご紹介します。さらには今後、薬剤師に期待される役割について皆様とビジョンを共有できればと思います。

第190回|命をみつめて ~多死社会に向けて~

実施日 令和4年9月21日(水) 19時30分~21時00分
講師 鈴鹿医療科学大学保健衛生学部 教授
一般社団法人日本救急救命士協会 会長
鈴木 哲司 先生

第191回|感染制御・感染症診療における薬剤師の役割(仮題)

実施日 令和4年11月9日(水) 19時30分~21時00分
講師 東京大学医学部附属病院 薬剤部
山口 諒 先生

第192回|未定

実施日 令和5年2月22日(水) 19時30分~21時00分
講師 未定
  • 資料請求
  • デジタルパンフ
  • オープンキャンパス・入試イベント